友人『入院して失業した。金を貸してくれ』俺「いいよ。返すのは100年後でもいい」→数年後、ふと連絡してみたら…

むかしむかし…

突然の病気で若くして

入院手術をすることになった友人がいた。

入院費まではよかったが

その後しばらくの生活費が

どうにもならないと借金を申し込まれた。

入院が思いの外長期になって

しまったため、切られてしまったようだった。

俺にとって恩もあった人物だったので少額だったこともあって

「返すのは100年後でもいいから」

と言い添えて貸した。

友人はその後苦労に苦労を重ねた。

持病もちとなったことが災いし

再就職にも数年を要した。

その間にも俺のほうにもお金に関して困ったことが数度あった。

「あのとき貸したお金があったらば」

と考えたりもしたが

「100年後」と言った手前こちらからは催促できずにいた。

あわよくば察してくれないものかと考えていたと思う。

そのうち俺の中で友人は次第に

「貸した金を返さないやつ」

になっていった。

まあ、実際そうなんだけど。

書き忘れたが、

この友人は人あたりもよく

コミュニケーションの化け物みたいな人物なのだが

自分から誰かに連絡をとると言うことを滅多にしない人。

そうしなくても相手のほうから

歩み寄ってくる人のほうが多かったのだろう。

不思議な魅力と人望のある人物だから。

そんなだから、俺が連絡をしないと

1ヶ月でも2ヶ月でも簡単に疎遠になってしまう。

結局、前記みたいな感情もあって本当に次第に疎遠になってしまった。

何だよとも思いつつ

なぜか意地にもなってしまって

そのまま数年の時間が過ぎてしまった。

さて数年後。

本当にフとした思いつきで彼に連絡をとることにした。

いつもの店にいつもの時間で

まるで昨日別れた友人のように自然に約束をとりつけた。

本当に自然に

「よう!久しぶり!」

「お前どうしてたんだよ!」

と言う反応もなく、

「うん。どうした?○○に○時でいい?OK」

こんな感じ。

勢いとしか言いようがない。

その席でついに言ってしまった。

「あのときのお金を返してくれないか。

どうしてもかつ緊急に必要なんだ(嘘)」

返ってきたのは 「ああ、わかった」と二つ返事。

その翌日には色付きでお金は返ってきた。

さすがに色は受け取れぬと言うもそれは利息のようなものだと結局受け取ってしまう。

謝られてしまったよ。

実は返す用意はコツコツと整えていた。

いつ返せと言われてもいいようにと封筒に入れて、貧しい生活で困っても

使ってしまわないようにと管理してでも本当は待たずに申し出るべきだった。

100年後という言葉に甘えてしまったな、と。

確かに、受け取った袋は少しヨレヨレだった。

俺はと言うと感情の整理がつかないでいた。

もとはと言えば手放すつもりで人助けのつもりで差し出したお金。

それに後ろ髪ひかれるみたいにまるで拗ねたように何年も連絡を断っていたこと。

いや、特に俺が間違っていたとは思わない。

貸したものが返されないのはふつうに腹がたって然るべきことだと思う。

彼の言った

「100年後と言う言葉に甘えた」

と言うのもそれはふつうに落ち度だろうと。

でも言うなればお互い様だと思った。

だから何も問わないことにした。

連絡を断っていたことの理由も話さずと言っても今日まで追求されることもなかったけど。

友人との交流はそれから何事もなかったようにふつうに再開され、

それからさらに数年後の今

お互いすっかりオジサンになってしまい

持病をもった友人も既に早過ぎるリタイア生活となった。

でもいろんな人に友人は支えられていて独身ながら幸せそうだ。

引用元:http://viralhighway.com/archives/6228,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント