昔あった芸能人が一般人の家に泊まる番組で、不登校中学生へアンガールズ田中が掛けた言葉が人生を変えていた

SNSユーザーのバモス青山さんは、かつて自身が中学生だった時にテレビ番組の企画でアンガールズ田中さんが自宅へと泊まりました。

その時に田中さんから掛けられた言葉が本当に素敵だったとTwitter上に投稿しましたところ、すさまじい勢いで拡散されています。

不登校中学生へアンガールズ田中が掛けた言葉

昔あった芸能人が一般人の家に泊まる番組。某芸人が泊まった家には不登校の子がいて将来の夢を聞いたら、その子は夢がないと答えた。それへの「じゃあ一番勉強しないとだ。将来やりたい事ができた時のために」という回答が当時中学生だった私の勉強のモチベーションだった。ありがとうアルガールズ田中

— バモス青山ウェブ編集者 (@tottoko_aotan) 

April 25, 2021

アンガールズ田中さんの人の良さが伺える言葉ですね。過去にも自身の母のお弁当にまつわる話で、母をかばう姿を見せお茶の間を感動させてくれたことがあります。

キモイとイジられるキャラで定着している田中さんですが、心は真のイケメンだったのでした。

対する世間の声

引用元:https://buzzbuzz-net.com/anga-ruzutanaka-chugakusei/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント