ヤマト運輸のLINEに猫言葉で問い合わせをするとまさかの展開にwwこれは流行るだろww

ネットショッピングが当たり前となった今の時代、ほとんどの方が宅配便を利用されたことがあるのではないでしょうか。

今回はそんな中でもヤマト運輸のお問い合わせ時に、ある事をすると面白いことが起こると話題を呼んでいます!!

なにやらLINEを使って問い合わせをし、更に「猫言葉」を使うとあることが起こるようです。

ヤマト運輸のLINE問い合わせで猫言葉(語尾ににゃ)を使うと…

これは絶対に流行ること間違いなしww

このことについて公式では……!?

ヤマト運輸公式では!?

実はヤマト運輸公式でもこのことについてはしっかりと告知していました。

引用元:ヤマト運輸公式HP

ヤマト運輸神対応すぎますねw

ヤマト運輸と魔女の宅急便の関係

実はヤマト運輸とスタジオジブリの名作魔女の宅急便は非常に深い関係があります。

1985年(昭和60年)12月、映画プロダクション風土舎は角野栄子の児童文学『魔女の宅急便』の長編アニメーション化の企画を立ち上げた。「宅急便」がヤマト運輸の登録商標であったことから、真っ先に同社にスポンサーを要請した。当初ヤマト運輸は難色を示したが、同社のトレードマークである黒猫が偶然にも物語に登場することから次第に前向きになりスポンサーになることを了承した。

引用元:wikipedia(魔女の宅急便 (1989年の映画))

ハッキリと明言されてはいませんが、魔女の宅急便の名キャラクターの「ジジ」はヤマト運輸のクロネコからイメージされているのかもしれませんね。

引用元:https://buzzbuzz-net.com/yamato-nekogo/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント