小学3年生の男の子を霊柩車で自宅まで運ぶことに…途中、ある場所に導かれて涙が止まらない…

小学3年生の男の子を霊柩車で自宅まで運ぶことに…途中、ある場所に導かれて涙が止まらない…

小学3年生の男の子を霊柩車で自宅まで運ぶことに…

霊柩車の運転手として勤めている人から聞いた話。

その仕事に就いて間もないころ、小学3年生の男の子がなくなり、霊柩車で自宅まで運ぶことになったという。

でも、ある場所に導かれて前にお客さんで、霊柩車の運転手をやってる人がいた。

仕事柄?色々体験したそうです。(霊感は無いと言っていましたが)

その人の話でおぼえてるのが・・・まだその仕事に就いて間も無い頃12月のとても寒い日に病院で亡くなった人を家まで運ぶ事になった。(昔は家で葬式を行う事は普通の事だった)

亡くなったのは小学校3年生の男の子。

「子供か、かわいそうに」と思い手を合わせてから小さい棺を車に乗せた。

そして母親を助手席に乗せて、病院の裏手の出入り口から車を出した。

「1時間位で着きますよ。息子さんは何故・・・」

聞いてはまずかったかなと思ったらしいんですが、話したくなきゃ話さないだろうと思っていると母親は、ぽつりぽつりと息子の事を話し始めた。

一つ一つ思い出す様に悪さした事、100点を取った時の事、仲のいい友達がいた事・・・

そして、急性の癌(たぶん白血病)で亡くなった事を・・・聞かなきゃ良かったと思ったそうです。

大粒の涙を流す母親に何と言って良いのか困ったそうです。

沈黙の時間が流れ、家の近くまで来ました。

母親に

「突き当たりのT字路を左に曲がって牛乳屋さんの脇道に入ってください」

と言われ、やっと着いたと思い左にウインカーを出した時

「だめ・・・」

子供の様な声が聞こえた気がした。

気のせいだと思い、ハンドルを切ろうとすると頭が二日酔いの激しい時みたいな状態になりなぜか右に曲がってしまった・・・

曲がり終えて2~3秒で気分の悪さは収まった。

「あの、反対ですが・・・」と母親に言われ「すいません。Uターンしますので」と言い、狭い路地を数百m走った。

空き地を発見し、車を頭から突っ込んでバックしようとした時3~4人の子供が隣の駄菓子屋から走って来た。

母親は驚いた表情で「すいません。ちょっと待っててください」と言い車を降りた。

母親「みんなどうしたの?」

A君 「○○君のおばちゃん!○○君どこにいるの?」

母親「えっ!?」

A君 「さっき○○君が電話で病院出たから1時間くらいで着くって言ってたからじゃあみんなでお菓子たべようってここで待ってたの。」

B君 「退院したらここで待ち合わせって約束してたの。みんなで○○君の分買ったんだよ。」

母親はしゃがんで微笑みながら「みんな・・・ありがとう・・・でもね・・・もう○○は・・・」

A君 「おばちゃんどうしたの?」

母親「天国に行ったのよ」

堪えきれず涙を流す母親・・・

A君 「うそだ!!さっき電話したもん!!」

母親は運転手さんに近づき「逢わせてあげてください」と言った。

ハッチバックドアを開け、棺の窓を開けると子供たちは恐る恐る中を覗き泣き出した・・・

母親は「○○はもう最後だからみんなに逢いたかったんだと思うよ。○○もみんなに逢えて喜んでるよ。ありがとうね」

小窓を閉める時に見た顔は満足した様に安らかだったそうです。子供達が買ったお菓子を棺の上に乗せて家に行ったそうです。

A君は仲良しグループ5人組のガキ大将で退院したらA君に電話してみんなで集まる約束をしていたそうです。

最期に会ってさよならを言いたいという友達がいるというのは素敵な人生だったのかもしれませんね。

ネットので反応

・不覚にも落涙

・こういう話…ダメだ

・友達とお別れが出来てよかった

引用元:https://kwsklife.com/hearse-boy/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント