亡き父の書斎から見つかった茶封筒、中を見ると涙が止まらなくなった…

Twitterユーザーの— 時計オヤジ@人生最後の時計探しの旅 (@watchwatcher6) さんが亡くなった父の書斎で見つけた遺品について投稿したところ「感動した」「泣きました」と話題を呼んでいます。

父が書斎に茶封筒

父の書斎を整理していると、机の奥から腕時計と茶封筒が見つかりました。

茶封筒に目を向けると……

お前が生まれた日、病院の帰りに買った時計だ。

この針のように遅くとも良い。

時には止まっても良い。

刻んで行きなさい。

父より

それは父から息子に宛てた1通の手紙でした。

添えられた時計の針のように、一歩ずつ止まってもいいから刻んで欲しい。

父から息子に対する人生の道しるべになるようなそんな素敵な贈り物だったのです。

対する世間の声

·是非、お父様からの腕時計、 たまには着けてあげてください。

·父を亡くして遺品の処分しているとき、父が身につけていた安っぽい時計を見て『もっと高価な時計付ければいいのに』と言った僕に母が『それあんたが初めて初任給でプレゼントしたやつだよ』と言われ、30年時を刻んでるのに、ピカピカで大切にしている時計の事を思い出しました。

·泣きました。 素晴らしいお父さんですね。

引用元:https://buzzbuzz-net.com/chichishosai-chabutou/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント