警察官のとった行動に涙・・・

『五歳の男の子が警察に電話をかけた、天国へ行ったママを探して・・・』警察官の行為に涙が止まらず

母親や父親を失うことは、おそらく子供にとって最も辛いことです。

子供がこの事実を理解することは難しいかもしれません。

いつもそこにいたママがどこにもいないのですから・・・

今回ご紹介するのは、そんな母親を失った一人の少年のお話です。

ぜひご覧ください。

ジェリーくんはなぜ母親が帰ってこないのか理解できませんでした

ある日、ジェリーくん(5歳)の母親が病院に行ったきり戻って来ませんでした。

父親は母親が天国に行ったと説明しましたが、ジェリーくんはなぜ母親が帰ってこないのか理解できませんでした。

そしてその後、母親を見つけることに必死なジェリーくんは警察に電話をしたのです・・・

小さな町の警察署の電話が鳴り、ベテランの警察官が応対しました。

しばらく待っても何も聞こえてこないため、彼はイタズラ電話だと思ったそうです。

そして、受話器を下ろそうした瞬間・・・!

幼い男の子の声が聞こえてきました。

「ママを捜したいの」

スポンサードリンク

男の子が電話をかけてきた理由を知った警察官は、思わず涙を流しそうになります。

男の子が本気でそう言っているということを知った警察官は、親身になって話を聞きました。

そして、誰も想像できないようなあるアドバイスをしたのです!

「メッセージを書いたカードを風船につけて飛ばせばママに届くよ」

警察官のアドバイスを受けたジェリーくんはそれ以来、毎月彼が言ったように、母親にメッセージを送りました。

画像出典:youtube

スポンサードリンク

しかし、いつまでたってもママから返事が来ません。

その後、ジェリーくんは警察官に再び電話をしました。

警察官は、彼の母親がメッセージをちゃんと読んでいること。

そしてそれを続けるように男の子に言いました。

警察官は、この男の子を失望させないある計画を考えていたのです!

数日後、警察官の人たちが多くの赤い風船を持ってジェリーくんの家にやって来ました。

画像出典:youtube

警察官は、母親がメッセージを読んだこと、そして母親からのメッセージを伝えました。

「心から愛しているよ。とても会いたい」

スポンサードリンク

そして警察官は、ジェリーくんが母親と連絡を取ることができていると信じさせるために、男の子について調べました。

男の子の学校の先生と話し、ジェリーくんのことを知っていったのです。

そして警察官はジェリーくんに手紙を送りました。

——–

『愛するジェリーへ

私をとってもきれいに描いてくれて、本当に嬉しいわ!

特にあなたが描いた目を見るとあなたの目を思い出すわ。

あなたの魅力的な目をいつも想っているのよ。

いつまでもあなたを愛しているママより』

——–

そして、宿題がよくできていたことなどを伝え、ジェリーくんが近くにお母さんを感じることができるように細部に気を配りました。

警察官は果たして正しいことをしたのでしょうか?

ジェリーくんが、これに対して疑問を持つ日がいつか来るかもしれません。

それでも、警察官の話がジェリーくんに最も苦しい時期を乗り越えるための力を与えてくれたことは確かではないでしょうか。

動画をご覧ください

ネットの反応

・感動しました…!

・ヤバい・・・電車で見て泣きそうになってしまったよ。

・やっぱり海外の警察って日本とは違うな。

・男の子が可愛すぎる…

・泣いちゃうよこれは…小さくして母親を失くすって、すごい辛いことだと思う。

・幼少期何故うちには母親が居ないのか?疑問に思い授業参観とかでも母親がたくさん居て寂しくもありましたね…子供にとっては母親の温もりを求める気持ちは良くわかりますね…

・大人になった時に愛に支えられて育ったことがわかった時、何より強い心の支えになるよね。

いかがでしたか?

警察官がしたことが将来、ジェリーくんにとってどう感じるかはわかりませんが・・・とても素敵な行動ですよね!

中々できることではないと思います。

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、記事へのご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

引用元:https://lion-news.tokyo/archives/11004,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント