余命宣告を受けた品川の姉が挙げた結婚式 その後起きた奇跡に涙が止まらない

作家や映画監督としても活躍する、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐さん。

品川さんは芸人としても、人気がある一方でその芸風とキャラクターから「人気者なのに愛されない芸人」という風にも呼ばれています。

そんな品川さんですが、昨年11月、TBS系列放送の番組「私の何がイケナイの?」の中で、今まで語られることのなかった家族の秘密を語りました。

あまり知られていませんが、品川さんは4人きょうだいの末っ子。

母親のマダム路子さんと共に出演したその番組内では、きょうだいの中の次女・実花さんをガンで亡くしていたことを告白したのです。

しかし、その中にはきょうだいの絆や周りからの支えがあって、次女・実花さんには数々の奇跡が起こりました…

脳のガン「グリオーマ」

2010年2月、品川家の次女である実花さんの脳に、悪性脳腫瘍「グリオーマ」がみつかりました。

グリオーマは、脳に発生する「がん」と考えられており、周りの脳に浸み込むように成長します。

そのため正常な脳組織との境界がわからなくなり、治療を難しくします。

段階が最も進んだ患者さんの5年生存率は8%前後であり、ヒトに発生する「がん」のなかでも5本の指に入るぐらい、治療効果の悪い腫瘍です。

引用:neurosurgery.med.u-tokai.ac.jp

腫瘍が大きくなるにつれ、言語障害や視覚障害などを引き起こし、脳が司る機能を停止させ、最後には死をもたらすといわれる病。

実花さんも発見された時点で既に脳内の腫瘍は8センチまで肥大し、末期の状態。

手術をしましたが一部しか摘出することが出来ず、入院時には記憶障害や幻覚まで見たといいます。

闘病生活を続けていた最中、2011年2月についに医師から「余命は4ヶ月」と宣告されることに。

頭ではわかってはいてもこの結果を素直には受け入れられなかった品川家の家族たち。

品川さんはMRI画像をもらい、独自に海外の著名な先生を調べて連絡をとりMRI画像を診てもらうことに。

しかし、その先生から返ってきた答えも「手術不可能」というものでした。

それでも、品川さんは忙しい仕事の合間を縫って実花さんの元を訪れ、彼女を精一杯元気づけました。

実花さんの前では暗い顔を見せずに明るく振る舞い続けた品川さんでしたが、病院の外で泣き崩れていた姿を、母親のマダム路子さんは目撃していたそうです。

今まで家族のパイプ役だった実花さんが倒れた今、自分がその代わりになろうと品川さんは家族全員に1通のメールを送ります…

そのメールの内容こちら。

悲しくても、悔しくても実花姉ちゃんの前では徹底的に楽しく過ごす

不幸中の幸いなのは

実花姉ちゃんが辛い現実が分からない事

この病気は実花姉ちゃんが戦うものじゃない

俺たちが戦う病気だよ

末っ子である品川さんの必死の呼びかけは、きょうだいの絆を強く結びつけます。

長女の春美さんは美容師の経験を生かし、実花さんにメイク施したり髪を整えてあげることで、表情が乏しくなってしまった妹に明るい笑顔を取り戻させました。

長男の一治さんはアメリカで20年間、映像クリエイターとして活躍していましたが、品川さんからのメールを受け取り、仕事を一時辞めて帰国。家族との時間を大切に過ごすことを決めました。

「家族全員がお笑い芸人になったようなもの」と母のマダム路子さんは当時を振り返りました。

婚約者の存在

実花さんは病気になる半年前に、裕二郎さんという男性と婚約をしていました。

その後実花さんの病気が発覚すると、裕二郎さんは周りの人々から婚約解消を勧められることに。

しかし、本人はそんな気持ちは全くなく、休職してまでも彼女に寄り添い支え続けました。

抗がん剤の副作用で髪が抜け落ちていく実花さん。

そんな彼女の気持ちを少しでも分かち合おうと、裕二郎さんも自ら頭を丸めて彼女を励まします。

しかし、日に日に病気は進行していき、実花さんの体はボロボロに。

藁にもすがる思いで試した高額の海外未承認薬も、残念ながら効果が出ることはありませんでした。

そして、余命2ヶ月という頃。そんな状況の中裕二郎さんは品川家に対し、”ある提案”を持ち掛けたのです。

それは実花さんと「結婚式」を挙げさせて欲しいという申し出でした。

入院中であるため、結婚式は病院の会議室で挙げられることに。

結婚式には家族や親戚などたくさんん人々が参列し、実花さんは皆に見守られる中、誓いのキス、記念撮影などを行い式は進行していきました。

しかし実花さんの病気は大分進行しており、彼女は目もほとんど見えなく、体の至るところが麻痺していったのです。そんな実花さんに、末っ子の品川さんはこんな質問を投げかけました。

「どんな気持ちですか?」

すると、表情は変わらないまま実花さんは一言だけ言葉を発しました。

しかも、病気によって表情をあまり出さなくなった実花さんでしたが、この時は涙を流したのです。

奇跡は続く

結婚式が終わり、病院で再び検査を受けると実花さんの体にある変化が起きます。

なんと、勢いが止まらなかった腫瘍の進行が止まったのです。

この奇跡に家族からは歓喜の声が上がります。

そして自宅治療ができるまで回復した実花さんは、婚約者の裕二郎さんとマンションを借り、2人で一緒に住むことに、余映2ヶ月と言われていましたが、その後実花さんは1年以上生き続けました。

しかし、別れの時は突然やってきます。

悪性腫瘍が脳幹へ転移し、容体は再び悪化。そして2012年1月7日静かに息を引き取りました。

短い人生でしたが、最期は家族や婚約者など多くの人々に支えられ、人の温かさを感じた実花さん。

そんな当時を振り返って品川さんも

「実花ちゃんは良い人生だったと思う」

と涙を流しながら、その思いを語りました。

普段は嫌われ役の品川さんですが、こんな一面を見ると見る目が変わってしまいそうですね。

本人はそれが嫌だから今まで公表することはなかったそうですが…

こんな愛のある家族と婚約者に囲まれた実花さんは、きっと幸せな気持ちで天国へ旅立ったことでしょう。

引用元:https://cadot.jp/impression/29805.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント