【1つでもあれば凄い】珍しい手相4選

占いなんて信じない!という人も、話題が出るとついつい見ちゃう手相占い。

手相というのは、常に変化しています。その時の状況によって、急に現れたり、消えてしまったりするものです。気付かないうちに、新しい線があなたにも出来ているかも知れません。

今回は、あったら嬉しい、珍しい手相を紹介します。

ますかけ線

生命線からまっすぐに伸びる線です。この線を持つ方は、強運の持ち主で、人を惹き付ける魅力があり、大成功をおさめる。という物凄い手相です。

徳川家康にあったとされ、「天下取りの手相」とも呼ばれています。

ソロモンの環

ソロモン王にもあった、何千人に1人しか持っていないといわれる非常に珍しい手相です。カリスマ性や洞察力を持ち、リーダーとして人をまとめる能力に長けています。

つまり「王様」としての資質があるのです。

仏眼相

親指の第一関節が目の形になっているもので、超能力・霊感の持ち主に現れる手相です。

この手相があった方は、ちょっと後ろを振り返ってみてください。

覇王線

運命線、太陽線、財産線が手のひらの中央で一点に交わっている線です。三奇紋と言われる、稀な手相です。運を引きつける力がとても強く、信念を決して曲げず、我が道を行く傾向にあり、成功者に多いと言われています。有名人ではパナソニック創業者の松下幸之助さんや元プロ野球選手の王貞治さん、お笑い芸人の松本人志さんなどもあるそうです。

「手のひらに覇王」。なんかかっこいい。

引用元:https://curazy.com/archives/40137,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント