ある日、ホームレスに朝食を買ってあげた母親。そのあとにホームレスから渡されたメモを読んで彼女は戦慄した

一人の子持ちの女子大生のfacebookの投稿が話題に

学生でもあり母親でもある

ケイシー・フィッチャーは

アメリカのニュー・ハンプシャーに住んでいます。

子育てや家事をしなが大学に通う彼女は

すごく優しい女性でした。

ある日ケイシーは、大学の行く途中、

朝食を買おうとドーナッツ屋に入ります。

そしてそこには一人のホームレスの男性がいました。

彼女がした行いは一人の人間の人生を大きく変えました。

彼女がしたことは・・・

彼女はその日のことをfacebookに投稿しています。

それの内容がこちらです。

today I went to Dunkin and saw a clearly homeless guy singing on the side of the road and picking up change. Eventually I saw him stroll into Dunkin, as he was counting his change to buy something I began to get super annoying and talk to him over and over again even when he didn’t really want to talk. Since he had maybe $1 in change I bought him a coffee and bagel and asked him to sit down with me. He told me a lot about how people are usually very mean to him because he’s homeless, how drugs turned him into the person he hated, he lost his mom to cancer, he never knew his dad and he just wants to be someone his mom would be proud of (along with another hours worth of conversation.) this lovely mans name was Chris and Chris was one of the most honest & sincere people I’ve ever met. After realizing I really need to get back to class Chris asked me to wait so he can write something down for me. Handing me a crumpled up receipt he apologizes for having shaky hand writing, smiled, and left. I opened his note and this was it. “I wanted to kill myself today because of u I now do not. Thank u, beautiful person.”

「今日、ダンキンに向かってる途中、

道ばたで歌を歌って小銭を稼いでいる

ホームレスの男性を見かけたの。

彼も私が行こうとしていたドーナツ屋に入っていったわ。

彼が一生懸命小銭を数えてる間、おせっかいな私は

ずっと彼に話しかけていた。

彼は話したくなさそうだったにも関わらず、

何度もしつこく話しかけたわ。

彼の小銭が合計で1ドルくらいしかなかったから、

私は彼にコーヒーとベーグルを買ってあげて、

一緒に座ったの。

彼は私に、人はみんな彼がホームレスだと分かると

冷たくあたることや、ドラッグのせいで自分でも

嫌な人間になってしまったこと、お母さんを

がんで亡くしたこと、父親を知らないことや、

いつかお母さんが誇りを持てるような人間に

なりたいってことを(その他にもいっぱい)教えてくれた。

彼の名前はクリスだった。

クリスは、私が出会った人の中でも最も正直で

誠実そうな人だった。

講義に遅れてることに気がついた時、

紙に書いて渡したいものがあるから待ってと

彼に頼まれた。

そしてクシャクシャになったレシートを手渡された。

汚い字を謝って、笑顔を見せた彼は、席を立って

どこかへいってしまった。

レシートには、こう書いてあった。

彼が渡したレシートの裏には・・・

「今日、自殺しようと考えてた。

でも君のお陰で気が変わった。

ありがとう、美しい人。」

ちょっとした行動が、思いもよらないところで

人の命を救うことがあります。

彼女はこのホームレスに人の優しさや頑張ること、

そしてもう一度生きる勇気を与えました。

ホームレスを対象にた社会実験

これはホームレスを対象にした社会実験の動画です。

実験内容は人生に困っているホームレスに

助けを求めると、彼はどのような行動をとるのか??

という、一見ひどく見える内容ですが、

この実験の最後がまさかの結論になって

人々の考えを改めさせています。

ホームレスへ助けを求める

道ばたで座っているホームレスへ一人の

男性が助けを求めてやってきます。

そして男性はホームレスにこんな話をします。

『 今、私の家族が大変困っていて、

近所中を回って今助けを求めている最中です。

何か助ける事が出来ますか? どんな事でも良いです。

弟が病気で金銭的にも支払いが難しく、

家族全員が大変困っています』

この後のホームレスの男性は

どのような行動をとったのでしょうか??

1時間だけ時間をくれないか??

ホームレスは仕掛け人に対して、

『 僕は大きな助けは出来ないけれど、

1時間後にここに戻ってきて!』

と言いました。

そして20分程して、ホームレスは自分の荷物を

持ってどこかに行きました。

しばらくして戻って来たホームレス

再びホームレスが元の場所へと戻ってきました。

それを見て仕掛け人はホームレスに近づいていきます。

そしてホームレスは仕掛け人に気づくと

あるもの握りながら話し始めました。

ホームレス:『君に渡したい物があるよ』

と言い、147ドルを渡します。

男性:『これは?』

ホームレス:『これをあなたの弟に渡して欲しい。

これで弟や家族を助けてあげて』

男性:『え?これは何ですか?』

ホームレス: 『147ドルだよ。

7ヶ月間の間ずっと貯めていたんだ。

君に使って欲しいんだ。

自分がとてもいい気分になれるから』

男性:『147ドルを?』

ホームレス: 『君に比べたら僕はそのお金は

そんなに必要な無いよ。実はお金を貯めて

もっと良い生活を期待したけど・・・。

自分はホームレスだし、家族はいないからね。

お金は必要無いよ。でも君には家族がいるからね』

そしてまだ話は続きます。

心やさしいホームレスの言葉に仕掛け人も感動

男性:『このお金は貯めていたって言ってたよね?』

ホームレス:『7ヶ月、8ヶ月かな?』

男性:『そんなに長い間セーブしたお金を、

見知らぬ人にあげるの? 

自分だって困っているんじゃないの? 

寝る所はあるの?』

ホームレス:『寝る所は大丈夫さ』

男性: 『自分の満足の為に

お金を知らない人にあげるの?』

ホームレス: 『君が僕に助けを求めてきたのは、

ただの偶然じゃなかったんだよ。

君は向こうにいる男性に助けを求めたんじゃなくて、

僕だったんだよ。だから、自分は何かを

しないといけないと感じたんだ』

男性:『ちょっと聞いて良い? 

さっき何処に行ってたの?』

ホームレス:『向こうにシェルターがあって、

そこである女性が僕のお金を管理してくれているんだ』

ここまで話して、仕掛け人の男性はネタバレをしました。

そしてカメラに気づいたホームレスは

少し驚きながら怒ることなく仕掛け人の男性と握手をし、

ハグをして撮影が終わりました。

『君に比べたら僕はそのお金はそんなに必要な無いよ。

実はお金を貯めてもっとを良い生活を期待したけど・・・。

自分はホームレスだし、家族はいないからね。

お金は必要無いよ。でも君には家族がいるからね』

『君が僕に助けを求めてきたのは、

ただの偶然じゃなかったんだよ。

君は向こうにいる男性に助けを求めたんじゃなくて、

僕だったんだよ。だから、自分は何かを

しないといけないと感じたんだ』

この言葉は僕の心にも深く突き刺さりました。

自分のために貯めていたものを、自分よりも必要と

している人がいるというだけで渡してしまう。

それも自分を頼られたからという理由だけで。

それで彼が得るものは『満足感』ただそれだけなのに、

彼はそれでもこの男性を助けようとしました。

いかがでしたか??

ホームレスになりたくなっている人なんて誰一人いません。

誰だってベッドで寝たいし、人に認められて

生きていきたいと思っているはずです。

ですがホームレスという理由だけで、

同じ人間ではない、冷たい目でほとんどの人は見ています。

引用元:http://viralhighway.com/archives/14120,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント