「一番大事なのはね」料理に失敗した娘に市原隼人さんがかけた言葉に優しさがあふれていると賞賛の声!

ドラマ『ROOKIES』で大人気となった俳優の市原隼人さんといえば、役柄にしろプライベートにしろ、“熱い男”のイメージを持っている方が多いことでしょう。

そんな市原さん、2014年に結婚されて現在は2歳になる長女のパパさん。

インスタグラムでは奥さんや娘さんのために料理を振る舞う姿などを投稿し、「いいパパ」「素敵な旦那さん」と定評があります。

そんな市原さんが先日、娘さんと一緒に料理をした際の投稿が話題です。

一オムレツづくりのお手伝いをしていた娘さん、卵を落として割ってしまって洋服も床もべちゃべちゃ…本人も泣き出してしまいます。

そんな娘さんに市原さんがかけたのは、叱るでもなく慰めるでもなく、より心に踏み込んだ言葉でした…。

果たして市原さんがかけた言葉とは?

朝、オムレツを作ろうとしていたら、卵が割りたくて「卵やる~」と言うので「一緒にやろうね」というと…。失敗してこぼしてしまいました。服も床もマットにも“ベチャッ”
 
そこで号泣。
 
娘「卵…ごめんなさい…。」

俺「そうね。一番大事なのは失敗した今どう思うかだよ?もぅ、やめる?まだ、やりたいですか?」

…娘はキッチンから離れてしまい、申し訳なさそうに上目でこっちをみながら「ん~(泣きながら)

や”り”だい”~!」と。
 
その瞬間、ドキッとするほど胸に沁みた。こんな事を思わせてくれる事が良くあります。

小さな子は毎日が挑戦で、目をでかくして色んな事にむかう姿から学ぶ事が本当に多く、僕が成長させてもらっています。単純に“やりたい事をやりたい”という事がどれだけ素晴らしいか。
 
当たり前の様に“謝り”“その状況下での着地点を明確にする”…俺もちゃんとしなきゃなf(^^;

さっ!こぼした所を一緒に拭いて、マットと服はお風呂でゴシゴシして失敗は水にながしましょっ♪

市原さんは泣く娘さんに、失敗したことを責めるでもなく、許すでもなく、まだやりたいかどうかと問いかけました。 

すると号泣しながらも、申し訳なさそうに「やりたい」と返事が。

市原さんは長女のまっすぐさにハッとさせられたといいます。

その後は、2人は仲良く一緒に掃除をし、料理を続けました。

娘さんにまっすぐに問いかけた市原さんも、それに一生懸命答えた娘さんも素敵!!

この2人のやり取りには「いいパパ」「素敵な親子!」とたくさんの反響が寄せられています♪市原さんの誠実な性格が伝わる素敵なエピソードに、こちらもほっこり温かい気持ちにさせていただきました!!

引用元:https://cadot.jp/impression/45202.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント